グレインフリー キャットフード 子猫

グレインフリーキャットフードが子猫におすすめ

このページでは、グレインフリーキャットフードが子猫におすすめと言う理由(メリット・デメリット)とキャットフードの選び方を書いています。
なんとなく、グレインフリーの方が良いのかな?と考えているなら参考にしてみてください。
グレインフリーキャットフードが子猫におすすめ!穀物不使用のメリット
子猫の健康の為に穀物不使用のグレインフリーキャットフードおすすめ情報を探している方、
グレインフリーキャットフードって、どんな効果があるの?

 

という方の参考になれば幸いです。

グレインフリーって何?仔猫のご飯の選び方は?

そもそもグレインフリーキャットフードってどのようなもの?とあなたは思っていませんか?

 

グレインフリーとは、穀物不使用とかいてあるもの。
子猫が心配なく食べられるご飯だと言うことなんです。

 

しかし、穀物がいけないわけではありません

 

もちろん、穀物も適量なら子猫の身体にとって必要な物です。
グレインフリーキャットフードが人気になる理由としては、
穀物摂取の量と種類を理解せずに子猫に与えて不健康にしてしまっている飼い主さんが多いのが原因です。

 

種類とは、猫の身体に悪影響があって良くない、小麦、とうもろこし、それから添加物の穀物が入ってるかも?と言うことです。
猫にとって必要なのです。

 


さらに、近頃は無添加食品という物が私たち人間の食品に関しても話題になっていますよね。
実は、猫たちにも、同じことなのです。

 

ご飯を食べるなら、体に良い物・無添加の物で、
原材料に使われている肉や魚や野菜は、国産なのか中国産なのかアメリカ産なのか?
一体、何が入っているのか、きちんとj確認できる商品良いということです。

 

適量より多くの穀物が入っていると、猫が下痢になったり、消化不良になったり、具合が悪くなる原因や病気になる原因になるのです。

 

子猫にとって下痢や嘔吐は、命取りになるの知っていますか?

 

グレインフリーキャットフードが子猫におすすめ!穀物不使用のメリット

人間と比べると体が小さいので、余計に体力の消耗が激しいのです。
子猫の健康と一緒に生きていくことを考えるならば、体をサポートする為、バランスと栄養を考えたご飯にしてあげましょう。

消化に悪いと腸に負担が掛かります。
腸と言うのは、免疫細胞がたくさんあります。
適量異常の穀物が子猫の身体に入ってしまうと、体調不良の原因となるわけです。

 

次からは、グルテンフリーのキャットフードのおすすめ商品の特徴をまとめました。

グレインフリーキャットフード子猫におすすめランキング

ナウフレッシュ グレインフリー キトン

グレインフリーキャットフード子猫におすすめランキング1位 ナウフレッシュ グレインフリー キトンの特徴


ナウフレッシュ グレインフリー キトンの特徴は、
・ミートミール(乾燥肉粉)不使用
・全年齢対応
・下部尿路に配慮した20種類以上のベリーを配合
・新鮮なココナッツ油、キャノーラ油使用
・ターキー肉、チキン使用
・タウリン2660mg/kg
といった感じです。

価格 評価 備考
454g 1,403円(税抜) 評価5 初回or2,500円以上で送料無料
グレインフリーキャットフード子猫におすすめランキング1位 ナウフレッシュ グレインフリー キトンの総評


「キトン」は、子猫用ですが、栄養がバランスよく成長や発達に必要なフードです。育ち盛りの仔猫はもちろん、妊娠期や病後の回復期などの猫にもオススメできます。
そして、原材料は、主に新鮮なターキー、サーモン、ダックがたんぱく源で、ミートミールや副産物などは不使用です。そして、フィトケミカルと呼ばれる昨日性成分を大量に4種のベリー類と15種類以上の新鮮な野菜とフルーツ配合されています。
454g 1,403円(税抜)、1.81kg 5,200円(税抜)、3.63kg 7,000円(税抜)

 

 

 

 

 

モグニャン

グレインフリーキャットフード子猫におすすめランキング2位 モグニャンキャットフードの特徴


モグニャンキャットフードの特徴は、
・穀物不使用(グレインフリー)
・人工添加物不使用
・全猫種対応
・イギリスの有名なパートナーズ社で生産している
・動物病院の院長もオススメする
・産地イギリスから直輸入
・獣医師が98%続けたいと言うもので、88%の獣医師が薦めたいフード
といった感じです。

価格 評価 備考
3,960円(税抜) 評価4 定期コース有り
グレインフリーキャットフード子猫におすすめランキング2位 モグニャンキャットフードの総評


有名なカナガンのキャットフードスタッフが考えたプレミアムキャットフード。
愛猫の体、食欲をそそらせる香りと味わい、無添加の食材で、高たんぱく質で消化も良い白身魚が63%も入っています。

 

愛猫の体に悪いものは一切入れてなく信頼性あるキャットフードですがフードの大きさが7mmと小さいのが難点だと思われます。
定期コース
毎月1袋なら定価より10%OFF(3,564円税抜)
毎月2袋以上なら定価より15%OFF(3,366円税抜)
毎月6袋以上なら定価より20%OFF(3,168円税抜)

 

 

Symply(シンプリー)

グレインフリーキャットフード子猫におすすめランキング3位 Symply(シンプリー)の特徴


Symply(シンプリー)の特徴は、
・穀物不使用(グレインフリー)
・高品質のたんぱく質が37%とたっぷり(サーモン、ニシン、マスなど)
・保存料や着色料は入っていない
・オリゴ糖や食物繊維がはいっていてお腹の調子を整えてくれる
・BRC(英国小売協会)のAランク工場で、人と同等の高い食品管理基準で作っている
・獣医師、こうめ動物病院の院長の澤柳千先生(さわやなぎ ゆき先生)もオススメしている
・子猫の時から老猫まで、同じものを美味しく食べていける
といった感じです。

価格 評価 備考
3,960円(税抜) 評価3 定期購入割引あり
グレインフリーキャットフード子猫におすすめランキング3位 Symply(シンプリー)の総評


動物愛護先進国のイギリスにて生まれ、エリザベス女王から、表彰を受けていて、動物栄養学者との共同開発しています。
長い目でみて、続けて行けて愛猫も美味しく食べられ、健康体で居られるというのが嬉しい。
そして、定期便にすれば最大20%OFFと安く、周期も1週間単位で
1週間毎から13週間毎まで選ぶことが出来、在庫があるときは、自由に休止し、自由に再開することが出来るのもありがたい!
定期コース 
毎月1袋なら定価より10%OFF(3,564円税抜)
毎月2~5袋なら定価より15%OFF(3,366円税抜)
毎月6袋以上なら定価より20%OFF(3,168円税抜)

私のおすすめ1位はナウフレッシュ グレインフリー キトン

今回、3つのグレインフリーキャットフード商品を紹介してきました。
「モグニャン」「ナウフレッシュ グレインフリー キトン」「Symply(シンプリー)」
実際に、私が試した商品が2つ、そしてネットの口コミで人気の商品をランキングにしました。

 

私が一番おすすめするは、やっぱり「ナウフレッシュ グレインフリー キトン」です。

 

 

栄養がバランスよく入ってるので、オススメです。仔猫の時からシニアまで同じ種類で続けて行けるのがおすすめです。食べやすいキャットフードの大きさで(5~7mm)、下部尿路に配慮したクランベリーなどの機能性食材を配合してあり、体に負担のない安心して食べてもらえる食材を使用してあります。

 

一番は何が入っているのかが気になりますが、市販のものは、記載されていても、聞いたことないものが多いと思うのです。

 

配合内容、価格、続けやすさ、口コミでの評判、安全性などをトータルで考えるなら、ナウフレッシュ グレインフリー キトンダントツの1位です!

 

 

グレインフリーキャットフードが子猫におすすめ
最終更新日: